未分類

Joomoの成分・医薬部外品のチオグリコール酸カルシウムの安全性と副作用

今、話題沸騰中の除毛スプレーJoomo。Joomoは医薬部外品なので基本的には安全と言えますが、その成分や安全性、副作用が気になるという方もおられると思います。今回はそんなJoomoの成分、医薬部外品、副作用、安全性について徹底的に調べてみたいと思います。

\一番安いのはこちら!/

医薬部外品とは?

日本の医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律に定められた、医薬品と化粧品の中間的な分類で、人体に対する作用の緩やかなもので機械器具でないものを指します。

予防効果をうたったり、医薬品よりは緩和だが人体に何らかの改善効果をもたらすものがこれに含まれます。人体に直接用いられるものだけでなく、たとえばスプレー式殺虫剤のように噴霧したり、ホウ酸団子のように適当な場所に設置したりして使用するものも含まれるます。

いわゆる薬用化粧品(やくようけしょうひん)は、薬用効果(予防等の効果)をもつと謳われる化粧品類似の製品で、日本の医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律においては化粧品ではなく医薬部外品にあたります。

Joomoのチオグリコール酸カルシウムについて

チオグリコール酸カルシウムは除毛剤として承認された医薬部外品成分です。体毛を構成するケラチンというたんぱく質を分解・溶解させることができる性質を持っています。

肌の表面に出ている毛を溶かして取り除くことができる成分ですが、毛根組織までに働きかける作用はないため定期的に使用することが必要になります。

肌荒れの危険性

ヒアルロン酸や植物エキスを配合することによって除毛に伴う肌荒れなどを極力避けられるように作られているJoomoですが、やはり肌荒れが起きてしまうことはあるようです。

Joomoの主成分のチオグリコール酸カルシウムには体毛を構成するケラチンというたんぱく質を分解・融解させる作用がありますが、その成分が皮膚に5分~10分の間留まることで肌にダメージも与えてしまいます。

チオグリコール酸カルシウムはアルカリ性の成分で肌のタンパク質にも刺激を与えます。肌が弱い方はピリピリとした痛みを感じることもあるようです。

肌荒れの危険性を軽減するためには、放置する時間を短めにすることが効果的です。放置時間の目安は5分~10分になっていますが、肌が弱い方は放置時間を5分程度にしてすぐに洗い流しようにするとよいかもしれません。

また、使用頻度も1週間に1度ほどにして、肌がダメージから十分に回復してから使うようにすることで肌荒れを避けることができるでしょう。

色素沈着する危険性

アルカリ性の成分チオグリコール酸カルシウムによって肌が刺激を受けると肌荒れが引き起こされるだけでなく、色素沈着がおきてしまう危険性もあります。

色素沈着がおきる原因は、肌に加えられた刺激によって表皮に存在する色素細胞(メラノサイト)からメラニン色素が過剰分泌されて表皮や真皮に沈着してしまうことにあります。

肌への刺激が強かったり、刺激が加わる回数が多かったりすると色素沈着も起きやすくなってしまいます。ですから、Joomoを使用する際には適量を塗布するようにして肌に必要以上の刺激を加えないように注意するべきです。

塗布する量として勧められているのはムラなく毛が覆われるくらいの厚さ、1mm~3mm程度です。肌が弱くてJoomoを使えるかどうか不安という方は、パッチテストを必ず使用前にするようにしてください!

二の腕の内側など肌が柔らかくて目立たないところにジョーモを塗布して5分~10分ほど放置します。その後、拭き取ってから水で洗い流していき1日様子をみていきます。翌日になって、かゆみや赤みが出ていなければ安心して使うことができます。

Joomoに副作用はありますか?

現在のところ、ジョーモを使用して副作用が発生したという報告は確認されていません。

また、ジョーモの主成分であるチオグリコール酸カルシウムを使用している他の除毛剤についても、副作用があったという報告がされていないか調べてみましたが確認することはできませんでした。

Joomoは安全ですか?

厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されていると判断された場合に医薬部外品としての認可を得ることができます。医薬部外品としての認可を得るためには効果・効能があると確認されるだけでなく、安全性があることが証明されなければなりません。

ですから、除毛剤としてチオグリコール酸カルシウムが医薬部外品の認可を厚生労働省から得ているということは高い安全性を有しているということの証拠ということができます。

まとめ

Joomoは医薬部外品なので、安全性があることが証明されています。ですが、それぞれ使う方の体調や使い方等によって、何か症状が出てしまう事がないとは言い切れませんので、まずは使用前にパッチテストをされることをおススメします。

今すぐクリック!→公式サイトはこちら